お知らせ

  • 当院職員の抗体検査結果について
     当院では、6月から7月にかけて新型コロナワクチンを接種した職員に抗体検査を実施し、2回接種を終えた全員が有効な抗体値を獲得していることの確認ができております。
     新型コロナウイルスワクチンは感染や重症化を防ぐ有効な手段であり、これからワクチン接種を行う皆様にも積極的に接種をしていただきますよう、ご協力をお願いします。

     また、北海道新聞に当院の抗体検査の記事が掲載されましたので、ぜひご覧ください。


    令和3年7月20日(火) 北海道新聞

    経営改革プロジェクトチーム活動報告会を開催しました
     当院では、2020年6月から「町立中標津病院経営改革プロジェクトチーム」を発足し、経営改革のみならず、地域にとって必要な医療を検討する場として、将来の病院のあり方を議論しています。
     当プロジェクトチームが発足してから一年が経過し様々な議論を行ってきましたが、その成果を報告する場として、6月28日(月)に活動報告会を開催しました。

     活動報告会の概要や資料については、下記からご覧ください。


    広報誌「開陽330°」7月号を発行しました
    7月号は検査室の紹介をしています。是非ご覧ください。

    新型コロナウイルス感染症抗体検査の実施について
     当院では、新型コロナウイルスワクチン接種後のワクチン接種による免疫評価指標(免疫の獲得指数)である、新型コロナウイルス感染症抗体検査を自費により実施しております。「ワクチンを接種したが、抗体が出来ているのか不安な方」、「ワクチンを接種したが、抗体が残っているのか心配な方」などの確認のための検査となります。詳細は下記をご覧下さい。

    令和3年7月分 外来診療体制表を掲載しました
    令和3年7月分の外来診療体制表をお知らせします。

    眼科外来からのお知らせ(専門外来実施)
     眼科の診療体制を次のとおり変更しますので、お間違えの無いようお願いいたします。

     6月28日(月)
     専門外来実施のため、一般外来を休診します。

     6月30日(水)
     一般外来は午前中に実施します。

     ご来院の際は、引き続き感染対策の実施にご協力をお願いいたします。

    6月21日以降の外来診療体制について
     新型コロナウイルス感染症の蔓延防止、新規クラスター発生防止の観点から、6月20日まで外来診療を縮小しておりましたが、6月21日から通常診療としました。
     また、一時中止としていました人間ドック・各種検診についても再開します。
     各外来で実施していました電話処方については終了しましたので、あらかじめご了承ください。

     ご来院の際は、引き続き感染対策の実施にご協力をお願いいたします。

    妊婦さんと授乳されている方の新型コロナウイルスワクチンの接種について
    2021年7月以降、中標津町をはじめとする近隣市町村でCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)ワクチンの一般接種が始まります。ワクチン接種について悩んでおられる妊婦さん、授乳婦さんも多いと思います。

    町立中標津病院産婦人科では、当科通院中の妊婦さん及び授乳婦さんに対し、日本産科婦人科学会の提言などを元に、添付ファイルのとおり情報提供をさせていただきます。


    広報誌「開陽330°」6月号を発行しました
    6月号は精神科の紹介をしています。是非ご覧ください。

    外来の診療縮小体制について
    令和 3 年 4 月後半から中標津町内ならびに近隣地域で、新型コロナ患者の市中感染が広がり、新型コロナ感染蔓延防止、新規クラスター発生防止の観点から、町立中標津病院の外来におきまして、5 月 13 日から診療縮小対応をさせていただいております。 しかしながら、5 月末現在も市中感染が蔓延しており、当院の新型コロナ患者受け入れも満床(定床 10 床)になる危険も続いているため、次のとおり診療縮小対応期間を延長させていただきます。

    各診療科の縮小体制については、以下のページからご確認ください。


    http://nakashibetsu-hospital.jp/corona/